常総学院高校|ホームページ訪問記

≪思学舎グループ≫ 2018夏期講習会受付中

ホームページ訪問記

常総学院高校|ホームページ訪問記

follow us in feedlyRSS

私立常総学院高校は社会貢献できるエリートの育成が目標

社会貢献できる人になる

私立常総学院高校が目指しているのは、将来的に社会貢献できる人材の育成です。そこで、子供たちに必要なことが、基礎学力の他に、強靭な精神力や論理的思考力、プレゼン能力だと考えられています。社会に責任を果たせれば、リーダーになることができるという精神が根底にあるので、高校生のうちからリーダーシップについて磨きをかけられるのですね。

自然環境に恵まれたこの高校は、敷地内に中学校校舎もあります。野球場やテニスコート、グラウンドなどのスポーツ施設の他、サテネットと呼ばれる施設もあるのが気になります。ここは、駿台予備校のサテネット講座を利用できる施設で、図書館と共に子供たちが自主性を持って学習できる場所です。図書館は蔵書数も多いようですが、自習スポットとしても大いに利用されていることが、ホームページの写真からうかがえます。平日は22時近くまで開館しているなんて、生徒にとっても安心して学習できるスポットになるはずです。

生徒一人ひとりの想いを育てるクラス編成

私立常総学院高校での学習は、3つのコースと2つのクラスに分かれて行われています。難関大学を目指したい、あるいは勉強と同時に部活動にも力を入れたいなど、生徒一人ひとりの想いを大切にしてくれているのにはホッとします。特進選抜アルファコースは、医学薬学系学部や難関国公立大学への進学を目標とする生徒さん向き。授業は7時間で、数学と英語を強化したハイレベルな授業が展開されているのがポイントです。特進ベータコースは、アルファコースとは異なるレベルの国公立大学や難関私立大学を目指している生徒さん向きですね。特別講座は一部必須で、初年度から習熟度別のクラス編成が行われるようです。特進ベータコースにはもう1種類あり、6時間授業でも難関大学を目指せるようなコース。部活にも取り組みながら、生徒に合った時間の使い方を優先してくれています。

さらには、各コースからハイレベルを目指したい生徒向けに、医学部理系選抜クラスや文系スーパークラスも用意されているなんて、充実ですね。

卒業生全員が四年生大学へ

私立常総学院高校では、生徒全員が四年生大学に進学することを目標としているといいます。理由は、生徒が人生の選択肢を限りなく大きく広げるためです。確かに、四年生大学に進学すれば、人生の選択肢もより広がります。

卒業生には、各界で活躍する有名人が少なくないことをホームページにて知りました。将来の社会貢献を見据えた教育が、確かに活かされている証しですね。プライドを持って社会に貢献できるエリートの育成を目指した高校に通えば、うちの子も将来を真剣に考えてくれそうです。

≫ 常総学院のホームページはこちら ≪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加