ホームページ訪問記

緑岡高校|ホームページ訪問記

follow us in feedlyRSS

県立緑岡高校はスーパーサイエンスハイスクールとしての実績が格別

スーパーサイエンスハイスクールの指定校

県立緑岡高校で気になるのは、2013年度から2017年度のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校だということです。日本人のノーベル賞受賞者が毎年ニュースをわかせているように、我が子も科学技術系で優れた実績を残せるような人材に育ててほしいと希望してしまいます。進学校として、国公立大学の現役合格者を多数輩出しているのも魅力ですが、先進的な理数教育を独自のカリキュラムで実施してくれているのには心ひかれます。

SSH指定校としての教育の一環として、サイエンスツアーという体験学習があり、早く子供に体験させたいです。丸一日を最新科学技術に触れられる研修先で過ごすということで、子供の理数への興味をさらにかきたててくれると思います。おまけに、プレゼンテーション能力を高めるためのポスター発表も行われるとは、至れり尽くせりですね。

モットーは、誠実・進取・協和

県立緑岡高校の校訓は、誠実・進取・協和だとのこと。高い知性とたくましい心を備えて、社会に貢献できる人づくりをしてくれるのですね。「創り出せ!自分の未来を緑高から」というキャッチフレーズは、子供の挑戦欲を常に先導してくれそうです。

授業はハイレベルだということですが、個人の適正に合わせた進路を実現させるためなら当然のことだと思います。特に、スーパーサイエンスハイスクール指定校としての取り組みに意欲的で、関連する理数教育は充実。それが、国公立大学の現役合格者数を県内トップレベルにまで持ち上げているのです。

理系のエキスパートを育成する理数科

県立緑岡高校では、一年次には共通カリキュラムが設定されていることがホームページからわかります。二年次からは普通科の文系と理系、あるいは理数科に分かれての学習が進められているようです。特に、理数科は県内唯一の存在として目を引きます。医学・難関理工系進学コースが設置されていて、大学や研究機関と連携した校外学習もあるとのことで、貴重な体験ができそうです。理数系への世界を切り開くために、普通科よりも多く設定された授業時間、課外授業、ハイレベル課外授業が実施されている点にも、子供ともども興味を持っています。進路実現に向けたサポート体制も、しっかり整えられているようで安心です。

普通科では文系と理系のコースに分かれているようですが、一人一人の進路目標に向けた必須科目と選択科目を学べるようになっているのですね。緑高タイムという名の学習では、進路目標の実現に向けて、効率的に学べるようです。

≫ 緑岡高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 緑岡高校のホームページはこちら ≪

4+