ホームページ訪問記

水戸桜ノ牧高校|ホームページ訪問記

follow us in feedlyRSS

休学ナシの年間留学も可能で英語力をアップできる水戸桜ノ牧高

桜も咲く広大なキャンパス!

水戸桜ノ牧高校のホームページでまず目に飛び込んでくるのは、学校のシンボルにもなっている大きな桜の木です。かつて水戸藩の牧場「桜野牧」跡地に建っているというだけあって、とにかく自然が豊か!広々とした美しいキャンパスはまるで外国の大学のようです。

校庭には野球場、サッカーコート、テニスコート4面、プール、弓道場などがあり、どの部活ものびのび練習することができますね!野外テラスもいくつかあって、毎日自然を間近に感じながら過ごすことができるのではないでしょうか。

海外留学希望にも柔軟に対応

ホームページの「国際教育」のところを見てみると、ALT(英語指導助手)が常駐していて、日本人教師とのチーム・ティーチングによる授業を展開しているとか。さらに、放課後には国際文化クラブでの英会話指導もあるので、英語をしっかりと身につけることができる環境なのがわかります。

また、留学する生徒も多い様子で、昨年度は累計で34名の生徒が留学したとか。1年間に限り休学せずに留学できるという規定があるというのもうれしいですね。本当に使える英語を身につけるには少なくとも1年は留学しなければいけないともいわれますが、そうすると日本の学校はだいたい留年しなければいけないのが悩みどころです。でも、水戸桜ノ牧高校ならそんな心配ナシ!高校のうちにしっかりとした英語力をゲットしておけば、大学入試はもちろん、大学以降の勉強にも役に立ちそうですね。

また、水戸桜ノ牧高校では海外からの留学生の受け入れにも積極的です。これまでドイツ、オーストラリア、タイ、コスタリカなどからの年間留学生、短期留学生、視察団などを受け入れてきたとか。国際色豊かな環境の中で学ぶことができそうですね!

NEPS15って何?

さらにホームページを見ていると「NEPS15」という項目を見つけました。これはNew Educational Projects of Sakuranomakiの略称で、内容としては「一人一人が輝く活力ある学校づくり推進事業」なのだとか。国際化に対応でき、高い次元の文武両道を実践できるように、きめ細やかな学習指導と進路指導で導こうというものだそうですが、具体的には15個のプログラムが実施されています。

「英検準2級全員合格プロジェクト」「異文化交流セミナー」「職業キャリアセミナー」などの他に「部活動時間厳守と完全休養日」があり、ただがむしゃらに頑張るだけではなく、時には充電のためのオフもある内容になっています。何事にもバランスのとれた学校なのではないでしょうか。

≫ 水戸桜ノ牧高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 水戸桜ノ牧高校のホームページはこちら ≪