ホームページ訪問記

土浦第一高校|ホームページ訪問記

follow us in feedlyRSS

国際的に活躍できる知性と教養を育む土浦一高

「授業第一主義」が頼もしい!

土浦一高は茨城県有数の進学校です。進学校と一口にいってもさまざまで、各家庭で塾に通わせることを前提としているようなところも結構ありますよね……。でも、こちらでは「授業第一主義」を掲げて高いレベルの授業を提供しているというのですから頼もしいかぎり!文系、理系の区別なく幅広い知識と教養を身につけることを目標としているそうなので、知的好奇心の強い子どもにおすすめの学校なんじゃないでしょうか。

従来の知識伝授型授業に知識探究型授業をプラスした「土浦一高アクティブ・ラーニング型授業」というのもあるそうで、自然と勉強に対する積極性が身につきそうです。土曜講座などもあり、学力向上に対してさまざまな取り組みをしている学校なんだなと思いました。

グローバルに活躍できる人材を育成する

現在、土浦一高はグローバルに活躍できる人材の育成に積極的に取り組む高校「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に指定されています。指定期間は平成26年度から平成30年度までの5年間ですが「望ましいグローカル人財のあり方」「望ましい課題研究のあり方」「グローバル・リーダー育成プログラムの普及」などをテーマとした研究を行っているのだそうです。

ちょっと気になったのが「グローカル人財」という言葉。「グローバル人材」の間違いなんじゃないの?なんて思っちゃったんですが、グローバルかつローカルに活躍する、財産としての価値もある人材という意味みたいです。茨城の発展のために世界を股にかけて活躍する人材を育成するということかな?私も娘も茨城大好き人間なので、もし、将来的に娘がそんな仕事に就けたらとても嬉しいですね。

学校行事も充実している!

県内有数の進学校の土浦一高ですが、部活動もとても盛んな様子です。ホームページの「生徒会長挨拶」によれば、多くの団体が県大会で優秀な成績を収めて関東大会に出場しているとか。なかでも、テニス部、ソフトテニス部、囲碁部、文芸部、将棋部、クイズ研究会、物理実験部は全国大会にも出場したそう。勉強だけではなく部活動にも一生懸命な生徒さんが多いということなのでしょうね。

私は娘にはガリ勉になって欲しくないと思っています。もちろん勉強に一生懸命取り組むことも大事ですが、部活動での体験を通して人間的にも成長して欲しい。いずれは、世界中のどんな価値観の人ともやっていけるようになって欲しいと願っています。なので、土浦一高の教育方針はとても気に入りました!

≫ 土浦第一高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 土浦第一高校のホームページはこちら ≪