茨城県の学校紹介

水戸第二高校|茨城県の学校紹介 ~中1からの進学校選び~

follow us in feedlyRSS

とこいば編集部が送る『茨城県の高校紹介』で、まずはどんな学校があるのかを知ろう!
学校を知り、選択の幅が広がると、今自分の中にある興味だけじゃなく、知らなかった分野に挑戦してみたいと思うかもしれません。進路を考える第一歩としてご活用ください。

水戸第二高校|茨城県の学校紹介 ~中1からの進学校選び~

県内初の高等女学校

水戸第二高等学校は、社会に貢献し得る品位と教養ある指導者の育成を目標としている学校です。
主体的に判断し行動できる生徒の育成を目指したキャリア教育、化学的素養を備えた情勢の育成、世界を目指す女性科学者育成の基盤づくりを目的とした理数教育、グローバルな視点を持ち、国際社会や地域社会で活躍できる女性の育成する国際理解教育の3つを柱とし、女性リーダーの育成することを目標に掲げています。
また、スーパーサイエンスハイスクール事業、アメリカやオーストラリアへの海外研修、部活動など、勉学や部活動に日々熱心に取り組み、生徒は皆充実した学生生活を楽しんでいます。
規定上は共学となっていますが、実質は女子高なので生徒は皆のびのびと生活しているようです。
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されているので、科学に特化した活動をたくさん経験することができます。また、1人ないし1グループことにテーマを決めて課題研究を行い、年に何度かある研究報告会にも参加するので、プレゼンする力も身に付きます。
その他にも、グローバルな社会で活躍する人材の育成を目指しています。
国際性を高めるためにも、SSクラスでは2年生の夏に希望者を対象にアメリカでの海外セミナーを実施し、現地研究機関(大学)や現地高校との交流を行ったり、1、2年生の希望者を対象に、オーストラリアでホームステイを経験しながらの語学研修を実施しています。まさに文武両道の活気あふれる学校です。いまや、女性も指導者になる時代です。たくさんのことを学び、経験してほしいですね。

活気ある部活動

部活動においても多くの生徒が活発に活動しており、なぎなた部のインターハイ第3位をはじめ、放送部が全国大会出場、ソフトボール部が東日本大会出場、弓道部、陸上部及びコーラス部が関東大会出場、文芸部と書道部が全国総文祭に出場、地学部が全国SSH発表会に出場するなど、運動部・文化部ともに素晴らしい実績を持っています。

充実した設備とサポート

学習室、課外授業など集中して学習できる環境が非常に整っています。
図書館には多くの書物や資料があり、高校から近い県立図書館から書物を借りたりもするそうです。場合によっては自分の希望する本を取り寄せたりしてくれます。
また、先生はご自身の経験と知識で支えてくれ、サポートがしっかりしているためか進学率は高いです。
テスト前は部活も停止、クラス、友達、学年、部活で一丸となって勉強に集中します。勉強と部活動のメリハリをつけ、両立できるのでしょう。

実質、女生徒しかいないので勉強だけでなく、趣味や部活などで盛り上がることができる学校です。
共学にはない青春を水戸第二高等学校で過ごしてみては?

≫ 水戸第二高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 水戸第二高校のホームページはこちら ≪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加